怪我Σ(|||▽||| )膝が痛い

コロナ騒動で収入がガタ減りし、バレエ教室は全て休講、鬱々として動かず過食気味で、とうとう59kgまで太る。という、体たらくであったが、このところ食事制限も思うように出来るようになって、バレエ教室も再開。

さて、これで全て上手く回転して取り敢えず53kgまで体重を落とそう。と計画。新たなサプリも取り寄せた。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ビキュット Be Qtto 31粒
価格:6114円(税込、送料別) (2020/10/21時点)


これです。ちと値段は高いがなーに、リスクヘッジのなんのって、一時は大変な凹みようであったが、経済状態もなんとか持ち直した今、サプリくらい買えるようになったさ。

そのように順風満帆となりそうな成り行きの最中、とんでもない伏兵が現れましたわ。

左膝が痛くなった。10月始め頃は生きてりゃ痛いところくらい出てくる。程度の痛みで、これは体重が重すぎるからに違いない。早急に体重を落とさなくては、、。だったのだが、、。

先週終わりくらいから、膝の内側が腫れてきた。膝着けないくらい痛い。これは困る(>_<)バレエじゃなく、日常生活の家事で困る。仕方なしに膝を付かなければならない場面では左膝を浮かせるようにした。そしたら今度は腰が痛くなった。

普通に歩けることは歩けるが、階段の下りが辛い。左足出すたびに膝が痛いΣ( ;ω;)イタッ!なので、手すりに掴まりながら階段を降りる。

更にうちの近所は坂だらけなのだが、下り坂を左足をそ〜っと、出さないと転がり落ちそうで怖い。

これじゃバレエレッスンは無理だ。プリエが出来ない。とりわけグランプリエが出来ない。

だが、これでほっとくわけにも行かない。いや、バレエ休んでほっとけば治るんだろうけど、原因を究明したいではないか。

調べた結果だが、まずわたしの脚について。わたしはX脚で膝の入った脚をしている。なので、バレエには向いている脚といえる。

だが、この脚の欠点として、簡単に脚が閻くつまりアンデオールしてしまう。それはいい。それはいいのだが、膝下だけを開いて骨盤の方、つまり股関節を開かないで基本姿勢をとっていると、膝の組織に無理が生じる。無理が通ればねじれが生じて終いには痛くなってくる。

そうか、そうだったのか(#^.^#)思えば、何ヶ月かのレッスン休み、そしてわたしの加齢、次いで体重増加、そして手抜きプリエでいくらか膝が痛むことがあった。

そこで、痩せるとか、若返りのサプリを飲むとか、にばかり注意が行ってたのだが、プリエ(膝を曲げる動作、深く曲げるのはグランプリエ)について考え直すことはしなかった。

そして、深く膝を曲げるグランプリエするときに痛みを感じる。痛いものだから、なるべく膝曲げないで済ませようとして、つま先外向き、膝、足先より内側、腰完全に開いてない。そして、さりげなくお尻を突き出す。

これでその場の痛みは回避出来ても、積もり積もって事態は悪化。

プリエは股関節から開いた動作で行いましょう。

では、どうしたらいいか。整形外科に行っても当面痛みの元になるスポーツ、ダンスを休むように言われて鎮痛剤と貼り薬をくれて、根本的に痛みが治まったら正しい姿勢でレッスンするしか解決方法はなさそう。

ただ、痛みがあんまり収まらなかったら整形外科医に行こう。

このような事情でバレエは当面おやすみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です