すれ違い

悪い予感の的中

プクが潜んでいるスポットは大体のところ見通しがついた!

だれそれには、大変なすれ違いが生じていたのだ。

今を去ること2ヶ月ほど前、我がスタジオラッキーキャットの音楽教室は毎年恒例の発表会を執り行っていた。

個人事業っても、ホント家内事業でうちは一家総出で発表会に当たらなくてはならない。(わたしは親父と息子に給料払わなければなりません。)

12月の日暮れは早い。朝から息子運転するビッツで出かけて日暮れ近くまで、うちの留守番はランちゃんこと猫のランプ・ランビエールただ1匹、ランではまともな留守番が務まるとは思えないのだが、それはまぁ、仕方あるまい。

それが!まっことランごときでは務まらぬ事態に遭遇してしまったのだ。

ランさん、寝てばかりいないでお勤めいたしましょうね。

わたし、この発表会は悪き予感がしていた。酷い悪い予感がした。

大失敗に終わるのではないか?それならそれで、起死回生を図らねばならないが、、( `・ω・) ウーム…

期待に??!違わず大成功とは言い難いコンサートにはなってしまったが、まぁ、こんなものだ。と言えばこんなもん。舞台というのは所詮水物なんだから、、。

ですむくらい。大事故が起こらなくてよかったね。

だが!!それはそののち、超ド級の激震がやってきたのだ工エエェェ(´д`)ェェエエ工

なんとΣ(゚д゚lll)、発表会なんとか無事には終えたそののち、プク発見の報がやってきたのだ!

その日も、その発表会当日。小型犬を連れた女性がうちの迷子猫そっくり、(涙目桜猫カットではない耳の欠損、そして真ん中が若干折れた長尾!)の猫を発見し、うちのインターホンにピンポンしたが、在室者はなんとΣ(゚д゚;)可愛いランちゃん1匹。

当然、玄関に出てプク捕獲に一役買ってはくれる、、わけないだろう。

( `・ω・) ウーム…なんという不運。どうりで悪い予感がすると思った。

この猫です。この猫。

更なる情報が入るも

スタジオラッキーキャットは音楽教室です。それもコンクールを目指す生徒やゆくゆくは音大受験の生徒ばかり、の教室なわけでもなく、普通の街の教室です。

なので、遠方から通ってくる子供の生徒はあまりいない。

したがって、プクが潜伏している箇所はうちの生徒たちのテリトリーでもある。

この小型犬を伴った女性のもたらしてくれた情報が最も重大な情報であるが、生徒たちも頻頻とプクを目撃している。潜伏場所からは猫の足、とはいえ帰って来られない距離ではない。

更にわたしがプクの名を呼んだときになんで姿を現さない?

ここ3年以上、悪夢に悩まされるのは度重なる猫の旅立ちと、プクの家出のためであると結論付けた。

3月から息子は函館に行ってしまう。家族が減るのだ。

プクよ。力の限りわたしは探し出すが、それ以前に帰ってきてくれ。

神社にも行って元少女の祈りも捧げてきている。

猫よ(=ΦエΦ=)帰ってくるのだ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。