ライティング講座をブロック(^o^)ノ イエー!

例のクラウドワークスのライティング講座のアンケートに答える案件、終了したはずなのに、それに講習費を払っての受講は打ち切りになったはずなのに(・_・;)延々とLINEが来る。

この講座最初の頃はまだしも役に立ちそうな記事の書き方を講習してたのだが、途中から先生たちがいかに大儲けしてるかの自慢話となり、わたし、、。

バカバカしくなったのよ!

なんでもブログは儲かるそうだけど、わたしのブログは少なくとも儲からないな。儲かる書き方教えてくれる。っていうんで、応募したんだがね。

金払わなきゃ、教えてくれないらしい。それなら、それで金払ってまで教わりたいとは思わないので、入会しなかったのだが、、。

なんであー\(◎o◎)/!しつこくLINEが来るのだ。チラと見たら昨日のLINEが大評判だったので、更にお得な方法を伝授してくれる。

そうなのだが、、。もういいわ。

LINEの着信拒否のに仕方がわからない上に、息子もいなかったのでとりあえずブロックのところ押したら翌日から来なくなった。┐(´д`)┌ヤレヤレ

とにかく、わたしはとことんクラウドワークスとは相性が悪いらしい。

個人事業をなめんなよ(`Δ´)!

なんでも、この乗田先生と松井先生は月に400万円も儲けてる。と、自慢するのだが、個人事業もしくはフリーランスを気分的には100年も、物理的には30年やってるわたしとしては片腹いたい(>_<)

フリーならば、昼まで寝てられるの満員電車に乗らなくていいの(雇用されてる人が全員ラッシュの通勤電車に乗るわけもあるまい。)意地の悪い人に耐えなくて済むの(個人事業だって人間関係に悩むことあるぜ。)儲かった金で毎月海外旅行してるの。

って、馬鹿なこととしか思えないことほざかれるのにはほとほと、たった500円のためにだよ。まいったわよ。

わたしは30年フリーランスで家が仕事場だし、仕事は夕方から始まることが多いが以外に昼までなんか寝てられない。そりゃ家族がいるからってこともあるが、金融機関の窓口は午後3時か5時までしか開いてないのだし、フリーにとっては大事な仕事が来るかどうかのメールチェックや電話に出ることはだいたい昼間。

それに、個人事業というのは例の「おこずかいくらいになればいいと思って。」くらいならば、所得税や市民県民税はまだ生じてこないし、ランニングコストも家計費内で収まるくらいだろうけれど、月に400万稼いでいたらかけられる税金だって莫大、国民健康保険料は5万円以上かかる。(月にだ。年にではない。)

有給休暇もなければ、病気になったって休職制度なんてない。産休、育休もなければ、雇用保険みたいなものも一切ない。研修期間にも給料が出る。なんて夢物語かと思うぜ。

それにだ。雇用者の給料と、個人事業の月商は自ずと意味合いが違うと思うのだが、そのへんの説明は一切してない。

だいたい、個人事業主が入ってくる金右から左に使ってたら、確定申告の時期に真っ青になること請け合いなんだけどな。

それに、月に400万円稼いでたら自分だけでの申告は厳しい。税理士や会計士に委任することになる。そうすれば、顧問料だって生じてくる。

バックレてりゃマルサが来る。

かくのごとく、個人事業もしくはフリーランスというのはそりゃいいところもあるけど、基本厳しい立場なのですよ。先生方。

結果

クラウドワークスでの、バイマもライティング講座も全くもって本気になって懲りたので、我がスタジオラッキーキャットボロボロとはいえ、立ち直らせて本業に励むことにいたしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です