夢は潰えない

SPにおうちを作ってやるという夢。

SPが元氣でかつどうしてもうちに来ようとしなかったころ。わたしは、竹やぶだった元秘密基地、そしてその後宅地となった地所で、SPにいまにここにSPのおうちを作ってやるね。

と、言っていた。SP旅立ち後、そのことはわたしのハートに蓋をして触ってはならぬタブーであるかのごとく、忘れてはいないけれど忘れていた。

その思いが、Yahoo!か何かの記事を読んで突然、ある種の妖怪の如くわたしの中に姿を現した。

そのYahoo!の記事とは、ボロアパート住まいだったのが、猫のためにもっといい環境を与えてやりたいと、アパートの次はマンションそして立派一軒家とステップアップした。このようにして、成功した若者がいたのだ。

これは、猫が与えてくれた夢の実現。

だと。

わたしはその記事読んで、悔しさのあまり青くなり、「ううっ、負けるもんか負けるもんかわたしだってSPたちにおうちを作ってやるイエーイ。」わたしはみょうなところでみょうに負けん気が強いのです。

そうさ。猫たちのために頑張ろう。って。金がないことには猫を動物病院に連れて行くにもビクビクし、家出猫搜索にもプロに任せる金はなし。

SPのような猫のために猫小屋を作ってやろうにもまずは地所が必要なのだ。

ちゃちこもSPも旅立ってしまい、プクは家出してしまったが、ちゃちやSPのような身の上の猫はまだまだいるはず。

なので資金を稼ごう

サーバー会社の関係かわたしが書いた、再度クラウドワークスからひどいメにあわされた記事は消えてしまったのだが、宅建の勉強始めたのもクラウドワークスでは特技資格なし、(ここじゃピアノが弾けるのは仕事にはならぬ。)のわたしでは、拾える仕事が時給100円にもなりそうにないので資格や知識があればもっと稼げる副業拾えるであろう。と、企てたのだ。

だが、それには道のりが長いので宅建は今年は諦めた。

副業だの、いずれは不動産業がどうのより、まずは今の個人事業、音楽教室の経営を軌道に乗せる。音楽教室は儲かる職種ではないが、これまでずっとやってきた仕事だし、まずはこの事業を成功させることからはじめよう。

徐々にステップアップだ(^o^)ノ イエー!

で、この副業騒動ももとはと言えばコロナで学校が休業してしまった煽りを受けたことに始まる。学校が稼働して、中学では文化祭も開催されるようになった今、かつての賑わいが戻ってきている。

ではでは、暑い。なんて文句言ってないでポスティングに行くなり、Google様の言うことを聞いて営業に精を出すとしよう。

今でも元の小道にSPがいるような気がする

きっと、SPはいるのだ。姿は見えなくても(わたしは見えないのだ。)SPの気配は伝わってくる。

わたしは毎日SPが佇んでいた小道を通って、盲学校のグラインドにSPに心の中で呼びかけている。これは、付近の住人に気がふれたと思われたくないためだ。

そして、リアルに声にだしてプクに帰ってこい。と、呼びかける。

( `・ω・) ウーム…ヤツはこの学園の畑のあたりに潜んでいるに違いないのだ。

猫ども期待しててくれ(^^♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です