猫(=ΦエΦ=)テリトリーの移動

1ヶ月以上、このブログの更新を休止。ホームページの更新をしていたのと、夏休みと、そして、プクの家出について考察していたのです!

プクの家出もはや半年(=ΦエΦ=)

だが!最近になって、またまたプクの目撃情報が寄せられる。なんと猫はうちの近所にいる。近所の家の物置の屋根の上でうたた寝して、声をかけたら見つめ返した。と。だが!油断は出来ぬ工エエェェ(´д`)ェェエエ工ニセプクがいるのだ。

その猫は、プクの兄弟とみられのだが、尻尾が短く、人間嫌い。声をかけると逃げ出す。

なので、( `・ω・) ウーム…物置の上の猫はプクに違いない。そのリアクションはニセプクではない。本物プクだ(^o^)ノ イエー!

だが、それも7月の終わり頃の話、7月は雨ばかり降って異様に涼しかった。7月29日のあかいくつ劇場の抽選会に麻混の長袖のシャツを着ていったのを覚えている。

それが8月になったとたん殺人的な暑さΣ(|||▽||| )犬飼のお友達が、猫って暑さに強いの?と、家出中の猫を気遣ってくれた。

暑さには強い。と、聞いたがまさか、それでも殺猫的暑さの中焼けたトタン屋根の上で昼寝をする猫はおるまい。と、いうことはだ。あの猫め、秋風が肌に心地よい頃になるまではあの物置の上には戻らぬであろう。

うちの猫知りませんか?

だがだ!わたしとて手をこまねいていたわけではない。そう、この暑さでは日中は猫は人目に付くところには姿を現さぬであろう。勝負は夜か早朝だ。

だが、わたしは別の緒からも攻め入ることを考察。そう、SPがテリトリーを移し、この家の近辺に寄り付かぬ時期があった。ちゃちの母猫であるちゃち母さんも、うちの近辺でちゃちこやカールを産んだものの、この近所のテリトリーを離れ、丘の上の豪邸の庭にテリトリーを移した。

その後、SPもちゃち母さんもうちの近所のテリトリーに帰ってきた。多分プク的には家出ではなくて単にテリトリーを替えた。と思っているに違いない。

そう確信し、このブログのSPにデリバリーしていた頃を掘り返す。

そう、SPは2018年頃テリトリーを移し1年弱で何食わぬ顔をしてうちの近辺のテリトリーに帰ってきている。

プクは野良猫ではないが、その習性からは抜けきっていない。と、いうことはだ。何か気に食わぬことが解消すれば帰ってくるであろう。いや、1年くらいの修行に飽きたら帰ってくる。

そう、ヤツは意外にこの近くにいる。それはわたしの長年の研ぎ澄まされたカンが教えてくれている。

だがだ(・_・;)そうはさせるものか(@^▽^@)プクよ。人間と猫とどっちが頭がいいと思う。必ず尻尾を捕まえて連れ戻すからな。

(^O^)!ほ、猫より人間のほうが頭がいい(^-^)でも、身体能力は猫には人はかなわない。そして社会的に猫は他人の敷地にへーきで入り込みことを認知されてるが、人がそれやったら犯罪だ。場合よってもまるごとOKだが、場合によっては通報される。

わたしの悩みは尽きない、、o(TヘTo)ただ、帰ってきたら即、動物病院に連れて検査してもらうからな。覚悟しろ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です