膝が痛い(>_<)

9月の終わり、ガーデニングする気になって、バラの手入れをしていたら、バラの隣の山茶花の木に寄生していたチャドクガの幼虫に触れた(らしい)左腕、左脇腹が一面ブツブツに覆われてそれは面白い体験でした。

なんて言ってられない災難でした。熱まで出てきました。

次!というか今、左膝が(>_<)痛い。これはもしやしてバレエのレッスンの無理が祟ったのではないかと推測される。なにが無理なのか?って、そもそも人間の脚というのは片足のつま先で立つようにはできてないであろう。

無理が通れば道理は引っ込む。いーや、それくらい無理というほどの問題ではないであろう。というのは、まだ若くて体重の軽い人の言い分。どうにも加齢に加え、体重が重すぎるわたしには無理だったみたいだ。

取り敢えず、膝の痛みが治まるまでバレエは休もう。いーや。もう辞めるかも知れない。その場合、いくらも着てないチャコットのレオタードはメルカリででも売り飛ばそう。タイツはいい加減くたびれてるから、靴ふきにでも使おう。

バレエ継続、中断問題はとにかく、左膝がいくらか腫れて熱持ってるみたいなのだ。これは良くない傾向だが、意外や意外整形外科に行っても解決にはならない。

それは、息子の高校野球で学習した。整形外科は骨にヒビが入った折れた、腱や筋が切れた。場合はこれほど頼りになるところはないのだが、無理な姿勢を取っていて痛い(T~T;。)イターッ!!なんていうのは、レントゲンで骨に異常がなければ痛み止めの飲み薬と、湿布薬くれて痛くなくなるまで当該のスポーツ(及びダンス)は中止するように。

と、言われていいところ大変お年を召した方々と共に電気(エレキ)を当てて早期の回復を願う。

膝が痛くて、階段も特に下りが痛い。膝をかばっているせいか左の腰まで痛くなってくる。熱まで出てきた気がする。

これは良くない傾向だ。わたしにはまだまだミッションがある。家族に朝昼晩食事を提供すること。

家出猫プクを探すこと、ランプ、SP、ドラオの世話をすること。猫たちの身に何か起これば動物病院に駆けつけなければならない。

そのためには金がいる。黙ってても金が降ってくる人はいいが、わたしの今の立場はそういうわけにいかないので、稼がなければならない。だが、膝が痛くて微熱があればポスティングもままならない。

更に、わたしは元から頑丈にできていて病気も怪我も、少なくとも大病や大怪我はしたことがない。このような人の常として、わたしはケチな病気や怪我にでもとても弱いのだ。

今また、バレエクラスのお知らせがLINEで♪゜・*:.。. .。.:*・♪来たけど、、。どうしようΣ(TωT)あ–

どうしようって、膝が痛いからしばらく休む。って言えばいいじゃないか。猫とバレエどっちが大事だと思う?!

SPは無心に眠る。SPは元気だ。

SPとてわたし同様、そろそろ年だ。動物病院のお世話になる日もそう遠くはあるまい。バレエ継続か否かはともかく、膝が痛くて動けないことには営業活動が出来ない。

で、わたしが考えついた解決策は、、。

そうだ。神社に行こう。

神様、わたしの膝を治してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です