わたしの猫返してよ(╬゚◥益◤゚)

11月になったというのに、奇妙に世の中が生暖かい。風が吹いている。雨になるかしれないので、降りそうになったら、すぐさま洗濯物を取り込むために窓を開けている。

本日息子は出社して家は奇妙に静まり返っている。家はわたしと猫のランプだけだ。あの猫は昼間は神妙にしている。夜になると目を覚まして狼藉を働くべく待機をする。おのれはバンパイアか?!

いーやただの猫さ。

そう、例え明け方、夜中に人の上(人はその時間寝ているためだ。)でジャンプをしようと、ランプは完全室内飼いだから家出はしない。

わたしたち家族一同はヤツが家から出ないよう注意をはらっている。

だが、プクは失敗をした。プクを捕まえた当時は奴らはお母さん猫、おじさん猫兄弟猫,従兄弟猫、そして小さなSPと、ファミリーで地域猫として暮らしいたのだ。ひどい風邪をひいてうずくまっていた、情けない子猫のプクを病院に連れて行ってそのままうちの猫とするも、ファミリーの猫たちに会わせないのは可愛そうだ。という、親心が今回の悲劇を生んだ。

ファミリーが頓死、老衰で残るはSP1匹となった後もプクは家から出たり入ったりを繰り返していた。

仲良し兄妹だった、プクとSP。

そしてある時ガ━━(;゚Д゚)━━ン!!正確には今年の3月23日(・_・;)プクは姿を晦ました。聞き込みをかけて捜索するも、この近辺には偽プクが何匹か潜んでいる。多分、プク、SPの親類猫だ。

その中で本物プクと思しき情報が入るも依然ヤツは帰宅しない。

誰かに盗られたのさ!のウワサさえ流れ、、。いーや、あんな大猫誰か盗るものか工エエェェ(´д`)ェェエエ工

だがだ!どうやらそれがまんざらでもない。って、猫が潜伏しているとみられる家があったのだΣ(|||▽||| )

その家はこの窓から見える。だから、これを書きながら見張っている。プクよ。姿を現すのだすぐさまわたしは救出に向かう。わたしの猫返してよ(╬゚◥益◤゚)

だが、怒鳴り込みに行ってその家に住まう猫がプクとは似ても似つかぬ、白猫、三毛猫いやいや、ペルシャ猫o(^・x・^)oだったら、、( `・ω・) ウーム…

とにかく、ひょっとしたらうちの猫を匿っている家を見張り、そのことを視野に入れつつ。今日もわたしは痛む膝を引きずって猫探しに励むのであった。

今年は柿が豊作実の重みで枝がたれている。

風邪(||´Д`)oをひかぬよう、この柿を食しつつ、もー、この膝が治ってくれればもっとパフォーマンスも向上しようってもんだけど、医者がいくらおおごとでない。と言ったって、痛いものは痛いのだ。

プクは絶対にこの家に帰りたがっている。なにかがそれを阻んでいる。

膝は痛いが、この脚引きずってでも今週の木曜日には神社に行って神様に願いをかけよう。お賽銭弾みますから、猫を返してください。

わたしは神様あたなが本当に天におわします事を信じているが如く祈ります。

緑の風吹く家

2005年の夏息子の夏は終わった。高校球児から受験生へと変化した。そしてその冬、白茶猫のちゃちこをわたしは拾った。

翌年2006年老朽化した家を建て替え、その後黒き大猫となる野良猫の仔猫であったプクを拾った。

そう、その頃は良かった(´∀`)家の建て替え中、わたしたち家族はこれまた老朽化した犬猫OK、ただし短期貸しの商店街のボロ屋で過ごした。その家、商店街の中なので便利は便利だが、食堂のとなりなもので絶えずカレーや炒め物の匂いが家に入り込んでくる。車の往来が絶えず、夕刻から深夜までシャッターを閉める音が1時間ごとにする。

悪くはないが、悪い。そう、わたしのもとの建て替え中の家は緑の風が吹き込んでいたのだ(*´∀`*)仮住まいは半年めでたく新品となった新たな家に当時の猫2匹(シーラとちゃちこ)駄犬1匹(コロ)と息子とお父さんとわたし3人で帰って行ったのだ。

出来立ての家、駄犬が健在であった。

この家は周りの家々の広い庭により、沢山の木々中には老木、そして一面の茗荷の群生、小さな崖一面のユキノシタ、蕗の群生に蛍袋。

そして、わたしが秘密基地と名づけた竹やぶには春になれば菜の花が所狭しと咲き乱れた・゜・(ノД`)・゜・

桜の季節のうちの洗濯物干場。

うちのベランダというか、物干しは2階でそれもうちは崖の上に位置している。それでも紅葉の若葉が桜の季節にはこのように萌えていた。

夏の風景。

夏、このように繁茂した植物が地を覆い隠すまでに成長する。電柱の後ろ辺りに位置するのが竹山の秘密基地、ここでわたしはSPと秘密の時間を過ごした。

紅葉が始まる頃でも秘密基地の竹は青々としている。

秋には落葉樹が紅葉、それは美しい眺めであった。

小道のまだ仔猫だったSP。

秘密基地に通づる小道は子鬼住む小道とわたしは名づけていた。ここの小道SPもSPのお母さんのクロメ、おじさんのクロオ、お兄さんのネク、そして親戚のボス猫カールがファミリーで集っていた。今はもう、ファミリーは絶えて、プクとSPしか生き残っていない。

ううううっ(´;ω;`)(T▽T)幸せだった。わたしがパートから帰ってくると、まずはこの小道からボス猫カールが出迎えてくれた。いつもクロメを従えていた。遠慮がちに子猫に近かったSPもやってきた。

だがガ━━(;゚Д゚)━━ン!!、わたしの幸せは見事に打ち砕かれる(TwTlll)小道の地主が宅地の値打ちを上げるんだ(ニンマリ)(ΦωΦ)フフフ…つって、このSP佇む小笹も茗荷も、紅葉と枇杷の老木も、柘榴も何もかも一切合切、一網打尽にしてただの道路にしてしまったのだΣ(゚д゚lll)ゆ、許せん(|||゚Д゚)<㌶㌍㌶㌍㌧

だがまぁいい。まだ秘密基地は残っている。ユキノシタ群生する小さな崖もまだ健在だ(*´∀`*)はははやれるもんならやってみろ(~_~メ)

そ、そしたらなんとΣ(|||▽||| )ヤラレた(T_T)秘密基地の竹を1本残らず伐採しよった。やられたなヽ(`Д´)ノ

伐採された秘密基地( ´艸`)の蕗の中のSP。鈴蘭水仙の花も咲いている。

この頃はまだ良かった。蕗が伐採された竹の後を覆い、水仙や菜の花が咲いた。だが、キャつらはそれで飽き足らず、巨大なコンクリートミキサー車を導入して本当に宅地にしてしまったのだ(* ̄□ ̄*;

家なんか建て替える金あったら秘密基地と子鬼住む小道を買うべきだった!(多分家代金くらいじゃ買えないくらい高価だとは思うが。)

そして宅地開発に呆れ果てたもう1軒の家、ユキノシタ群生の崖の上の赤い屋根の家の住人はこれまた紅葉の老木、花桃の木、一面の蛍袋の庭と家を地主に返して、その地主は宅地開発業者に紅葉、桃の木蛍袋にユキノシタ丸ごと売り飛ばしたのだ(* ̄□ ̄*;

今は見るも無残な宅地に成り下がっている。もうわたしの家に緑の風は吹かない・゜・(ノД`)・゜・遥か遠くの盲学校のグラウンドを見て泣くんだわたし。

台風で倒壊したミモザ。

まるで太陽を集めた小さな陽光の珠じゃないか(*´∀`*)今時分は美しい小さな黄色い珠の束を付けるミモザ。これはわたしの家のミモザだが、何年か前の台風で倒壊してしまった。

わたしはかつての緑色をした風を偲び、旅立って行った猫たちを偲び、わたしもこの家を捨てて新たな終の棲家探しに旅立つことを考えている。

だが!(現実に戻る。)問題はそれでもまた猫のことだ。わたしが探し出した摩天楼、天空の城は猫OKなのだが!頭数制限がある。2匹までOK。ランとプクで間に合うがその場合SPの立場はどうする?SPだって不死身ではない。

緑の風が吹いていた頃仔猫だったSPは実はもう婆さん猫なのだ。近いうちに必ずや野良生活は無謀となるであろう。いくらでもわたしが受け入れるのだが、天空の城の管理人はダメだしするだろう(T_T)

わたしの悩みは深い。