合同供養祭のお知らせ!

SPのお葬式をした葬儀社からお知らせが来た(=ΦエΦ=)

秋の合同供養祭がある。と、いうこと。

参加したいところだが、残念なことに暇も金もなし。

なので、SPの塔婆だけを申し込もうかと思っている。

屋根の上のSP。ここの家の屋根をみると今にもSPがにょーん(=ΦエΦ=) と、啼いて飛び降りてくるような気がする。

そこで改めて、SPはもういない。

塔婆を作ってもそれじゃSPが喜ぶかっていうと、虹の橋のたもとにいるSPがどう思うかはわからない。

わからないけれど、わたしの気持ちなのだ。

横浜霊園はどうかな?

今年行った感じでは、横浜霊園のペット霊園はなんだかね。つまりは商売けがないのさ。と、言えばそうなのだろうけれど、新たなペット葬儀社に相談してちゃちこの塔婆も作ってもらおうかとも思う。

だが、SP以前猫も犬もみんな横浜霊園に眠っている。またお参りには行くからね。コロやシーラたち。

猫たちの小道とトウヒの巨木

SPがこの界隈の最後の地域猫だった。猫おばさんたち及びわたしの尽力で♀猫の避妊手術の徹底により、今現在の地域猫はドラオのみとなる。

ドラオ飼い猫だったんじゃないの?ですがね。

話は10年ほど前に遡って、今や宅地開発と小道が一般道路となってしまったが、当時は200坪にも及ぶ敷地に赤い屋根の平屋が1軒そして、その奥は秘密基地の竹やぶ、小道を挟んでは木々と雪の下や茗荷の生い茂る前庭が連なっていた。

幼き日のSP。

つまりうちから奥は(その先は盲学校のグラウンド)車が入らない。地域猫にとっては良い環境だったのだ。

今は、その環境は変わった。地域猫はドラオ1匹となったが、それは寄る辺ない猫が少なくなった。ということでいいことなのだ。

そんな竹やぶと草木に囲まれてSP一族が暮らしていた頃は、わたしは近くの保育園で働いていた。保育園から帰ってくると、ボス猫だったカールはじめまだうら若いSPまでもが出迎えてくれた。

その保育園の2階の窓から近所の家のシンボルツリー、トウヒの巨木が夕日に映えてくっきり見えていた。

そのトウヒの木も、どうやら家の持ち主が亡くなったらしく、切り倒されてしまった。

ドラオです。

どうも、ドラオはこのトウヒの木の家の猫だったのではないかと思われるのだ。

つまり、もと飼い猫だが、今や地域猫となってしまったのでは?の疑いが持たれるドラオ。

昼なお暗い秘密基地。

ドラオはとても気がかりなのだが、わたしは日々思い出に苦しめられている。

小道があって、ボス猫カールが率いる一族の猫がいた頃、ちゃちこが元気だった頃。

幸せだった。

みんな虹の橋のふもとで待っててくれるのはわかっているけれど、やっぱり思い出はハートが痛い(>_<)

持続化給付金

持続化給付金が入ってこない。早くしてくれよ。次の引き落としに間に合わないじゃないか(`・ω・´)差し押さえに官どもがやってきたらどうしたらいいんだ工エエェェ(´д`)ェェエエ工

そんなに金ないのかよ?!って、ホントにないのだ。猫たちのために働くのはやめようか?なんて、タワケたことほざいたが、いや出来りゃいいです。働かなくても生活出来て、猫たちの世話まで出来たら。

だがこのコロナ騒ぎで仕事が減少し、つくづくわたしはそのようないい身分でないことが骨身に染みて理解した。

もおおおー。ウツ病になりそうだよ(>_<)

そんな時、女の子のやることは(?_?)

なので、息子から金借りた。

仕事減少で金がなく、お上からの金は入ってこない(息子に助けてもらったが)プクは相変わらず家出中。プク探しの中途で知り合いになった猫たちもなぜか雲隠れしている。

うううっ、(´;ω;`)ウツ病にもなりそになるわ。

それに、5月だというのに寒い{{ (>_<) }}わたしの起床時間は日の出時間にほぼ合わせている。今は日の出が4時30分頃。これだといくらか早いので4時50分に目覚めるようにしている。

だが、雨の予報の日は早起きはしない。とはいえ、6時30分頃には起き出している。冬の日の出が7時近いころでも、日の出前の6時半には起きる。

それが、このところ雨が続くので6時過ぎまで寝ている。バカに眠い(u_u)。。。zzzZZ寝ても寝ても(-_-)゜zzz…眠い(´-ω-`)

ホントにウツ病になるんじゃないか心配になってきた。

だが、猫様たち雲隠れ中、プクちゃん家出中でも、、。

SPは元気でグラウンドの出入り口にやってきます。

SPの右手の区切りのある草の生えてるスペースはもと秘密基地。

このコンクリートの衝立のあるところは元秘密基地。このような有様になってしまった。だが、この上の宅地は徐々にジャングルと化している。

ジャングルはここばかりではない。

盲学校のグラウンドもジャングル化している。

もうすぐ、盲学校のグラウンドの向こう側の紫陽花が咲く。

伸びをするSP。SPよ。兄ちゃんを連れてきておくれ。

SPは変わらないでここにいてくれる。

相変わらず銀杏色の瞳が美しい。白い眉ヒゲがチャームポイント。

SP,秘密基地の中で平和に過ごすことは出来なくなったが、(’◇’)ナニ、学校がもうすぐ始まる。そのようになれば、お子様たちは学校へ向かう。

でもなんでうちの猫になってくれないんだ?SP。

秘密基地と漆の木

猫がいない。いるのはうちの猫ランプ・ランビエールだけ。このように猫が消える日というのがあるものだ。SP、ドラオすら姿を見せない。

もちろん家出中のプク及びプクもどきも1匹もいない。

息子の意見によると、あの猫プクは幾つか拠点を持っている。その拠点の家に世話になってるに違いない。そうか、だが、わたしのプク探しは続く。

猫たちがいないので、、。気になったことΣ(゚∀゚ノ)ノキャーそれは(^O^)!ほ

5月も3分の1を過ぎた。青葉が萌えている。美しい季節となったものよ。だが、半端な宅地となった元秘密基地を思い嘆くわたしのハート。♥。・゚♡゚・。♥。・゚♡゚・。♥。は幾分すくわれるかな(?_?)

06170001

やっと見つけた秘密基地が元の姿であった頃の画像。ガラケーで撮影したものと見られるので、この大きさ。

わたしはこの竹と竹の隙間に入り込み、SPと誰にも邪魔されぬ緑と花々に囲まれた時を過ごした。幸せな日々であった。

そう、この秘密基地崩壊後、わたしはこの家を離れメガロポリスの天空の城に居を構えることを画策している。

ううっ・゜・(ノД`)・゜・懐かしき秘密基地。春には菜の花、梅雨時の紫陽花、夏は茗荷、秋は紅葉。わたしの愛するスポットであった。

それが、この土地の所有者は宅地開発業者に我が愛する秘密基地を売り飛ばした。わたしが買うわ(T ^ T)わたしが買うわニャー(=‘x‘=)ったって、そんな金ないわ。

それが、今の秘密基地の成れの果て

これよ!

竹も笹も菜の花も茗荷も紅葉もなくなったヽ(;▽;)ノ

場所変えてこれ、だんだんジャングル化している。

だが、わたしこの写真には写ってないがとんでもないものを発見。

漆の木だ。(@^▽^@)ははは、秋には見事に赤く紅葉するであろう。その、前にここの管理人がきて伐採する。って?

相手は漆ですぜ(#^.^#)


これは漆の苗木、こんなのが生えていたのだヽ(*´∀`)ノ

漆って器やなんかでしょ?なんて寝ぼけたことをのたまうな。そりゃそうだが、漆というのは木や葉に触るとモーーレツにかぶれるのだ。痒くて腫れてそれはそれは悲惨な目にあう。

祟ぢゃ( ╬◣ 益◢)y━・~祟ぢゃ(╬゚◥益◤゚) 秘密基地の呪い(  ̄o ̄)<㌶㌍㌻㍍ぢゃ(|||゚Д゚)<㌶㌍㌶㌍㌧

(ΦωΦ)フフフ…ここには誰も入るなって、よっくもさやさやの笹の葉の葉ずれの音の囁きに満ちた秘密基地をこんな姿に変えたな(*≧m≦*)

6月となればあの漆は立派に成長する。特に雨のふった翌日の暑い晴れた日。入り込んで漆を伐採する奴は命知らずだぜ。

なので、、。

漆の成長をこれから日々見守るわたしであった(o^^o)♪