秘密基地の向こうの家の黒猫

プクのお兄さん猫o(^・x・^)oネク

昨日迷子の黒猫発見の報が入る。物置の上にわたしが探している黒猫プクらしき猫がいる。とのことで、わたし、知らせてくれた女性と物置へと急ぐ。

だが、猫は逃げた後であった、、。

私たち盲学校のグラウンドに入り込んで、(^0^)/ナニこのグランドは元は無礼講入り込めたんだぜ!

ここです。関心にここは全然変わっていない。

グラウンドを探すも、黒き猫の姿はない。( `・ω・) ウーム…

ヤツはどこに逃げたのだ(?_?)

わたし、物置のある家の方に写真を送ってもらい。ツラツラとその写真を眺めたが工エエェェ(´д`)ェェエエ工

残念、これはプクではない。耳の怪我の状態が違う。

だがこれはプクのお兄さん猫ネクじゃあないか!!!

プクがうちに来た日

そう、今を去ること10数年前、駐車場に小さな園芸用品小屋を置いていた。あるとき、真っ黒な猫が2匹疼くまっていた。片方は若いおとなの猫、もう1匹はひどい風邪をひいた子猫。

両方とも地域猫の♀猫クロメの子供。わたし大人猫の方は別状なしと見て子猫を救出。大人猫の方もついてきて家の前で啼くので家に入れる。

2匹とも黒猫だが、大人猫のほうお兄さんは胸がポチッと白い。優しい猫だな。母さん猫のクロメはいったい何をしてるんだ。

クロメのやつこんな小さな病猫を見捨てたに違いない!

では($・・)))/兄猫はいいとして、チビ猫の方は獣医にみせなくてはならない。わたしはとりあえず、洗面所に子猫を閉じ込めて、猫トイレ、猫ご飯、水を置いておく。

チビの黒猫、餌は全て平らげ少しは元気を取り戻す、これなら大丈夫だろう。チビよ。これから医者にいくのだよ。

この時の風邪と、それ以前の栄養不良が祟ってか大人猫になってもプクは涙目が治らなかったのだが、このような経緯でプクはうちにやってきて、ネクと名づけたお兄さん猫はうちで2週間というもの、弟猫の看病をしたのだが、ある日不意にうちを出て、その頃には室内飼いにしていた駄犬コロの犬小屋にいついたのだった。

その後、わたしはネクの姿を探すもヤツはいない。

近所の人の話によるとネクは死んだ。庭の片隅で帰らぬ猫として変わり果てた姿になっていた。

そんな゚゚(゚´Д`゚)゚あんなに優しいお兄さん猫が、具合が悪かったのならばうちに来れば病院に連れて行ったのに、、、、。

わたしはお線香をつけて、ネクの旅立ちを悲しみ悔やんだ。のだが、、、。

2年前、プクが家出した当初黒猫発見の報をその時も受け、現場に急いだら?!プクではない。でも、たしかあの胸の白いポチといい、プクによく似た顔といい。

ネクは生きてたんだ。あの時の死に猫は流れ猫が行き倒れになったのだ!

推理

それらのことから推測するに、ネクが犬小屋を去った後もネクとプクは会っていたのだ。そして多分はSPとも。

プクは何かの原因でひどく驚いたのだ。それが何であるかはわからない。

分からないが、プクはうちを出てネクの元にあたかも子猫の頃のように保護を求めたのだ。SPとも一緒だったにだろう。

その後、テリトリーを移した。

プク、ネクと一緒に戻っておいで、そしてうちに来たばかりの時のようにみんなで一緒に暮らすのだ。その翌年生まれたSPは残念なことに旅立ってしまったが、、。

可愛かったSP。命日にはお墓参りに行くからね。

更に残念なことにあの盲学校のグラウンドは施錠されて入り込み禁止になっているが、構うものか時々こっそり入り込んでやるからな。

プクは帰ってくる。プク、ネクと一緒に帰ってくるのだ(=ΦエΦ=)

日溜まりの中コロコロするプク。

そうか分かったよ。お前がどうしても完全室内飼いに同意してくれなくて外にでたがったのが。

お前捨てたクロメなんかいいじゃないか(`Δ´)!と、思ってたが、SPはもとよりお兄さんのネクに会いに行ってたんだね。

ネクを連れて帰ってくるんだプク(=‘x‘=)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。