SPの旅立ち

突然の旅立ち

ここしばらくこのブログ更新しないでいたのは、サーバー会社が乗っ取られ新たな会社となって、データを移管中だからサイトを更新しないでくれ。とのお達しがあったからだが、、。それはしばらくして解決がついた。

それどころじゃない。わたし的に奈落へとまっ逆さまになって、ブログ更新の気力を奪ったことは。

ついこのあいだまでピンピンしてたSPが旅立ってしまったのだ(・_・;)立ち直れない(;_;)

今を去ること1週間前、さて、SPはどうしてる?!と、朝SPのいそうなところに立ち寄ったら、、。SPうずくまっている。猫飼い歴の長いわたしにはこれが、要動物病院であることがわかる。

その日、かかりつけ(といってもSPは初診だが)の動物病院はその日予約診療日だが、構うものか!急患だ!

わたしうずくまるSPを捕らえペットキャリーに入ってもらい、動物病院に車を走らせる。

急患です!って言って診察を受けるもエコーで診たらSPの胸に水がたまってるらしい(・_・;)思ったより重症だ!ゴメン(´;ω;`)SPもっと早く気付いてやれなくて。

SP病院預けとなって治療を受けることになる。SP頑張れ!そして先生治してください。

だが、その治療のかいも、わたしの祈りも虚しく、2021年4月1日13時30分SP帰らぬ猫となる。享年14歳永眠。正式名SP・アナスタシア・チビ。

どうもSP誰かと喧嘩したらしく、胸に溜まってたのは水ではなく化膿していたのだ。

そして悔しいことに、白血球の数値こそ異常だったものの、SPそれ以外はみんな正常値だった。

SP誰にヤられたんだ(`Δ´)!そしてわたし、なんでもっと早く気付いてやれなかったんだ。SPなんでうちの猫になってくれなかったんだ。

納棺まで、病院でしましょうか?と、聞かれたが、清拭だけしてもらえればそのまま連れて帰ります。猫柩はうちにあるもので間に合いそうですので。

体を洗ってもらってタオルに包んでもらった。

朝までは生きていたのに、SPおうちに帰ろう。

猫葬儀屋を探す

SPを看取り、眠れぬ夜を過ごすも動物病院から帰ったSPに葬式を出してやらねばならない。もー、SP完全にうちの猫になったのは死んだ後だったね。だもの、しばらくうちに居ないか?

でも、きちんと荼毘に付すものだ。という思いが交錯する。

わたし、睡眠不足の頭でちゃちこが旅立った時の猫葬儀人からの書簡を探し出す。

そしたら、猫葬儀人の爺さんあろうことに廃業したって、、。

なんだってからに、、。うちは屋敷でも田舎のうちでもないので、ペットセメタリーを設置するような地所はないのだ。

それじゃあ、同業者でちゃんと荼毘してくれるところ知らない?ったら、動物病院に聞いてもらうのがいい。そうだ。

なので再度、病院に問い合わせて動物病院推奨の猫葬儀社に依頼。

柩用のダンボールにペットシートを敷きバスタオルを敷いて、SPが大好きだったご飯を入れてお花、特に菊の花をいっぱい入れてやった。

SPお別れだ。

最も最近のSPの写真。

うちはちゃちこまでが横浜霊園で眠っているが、爺さん葬儀社が廃業しちまったので、SPの葬儀屋の猫墓所は福浦となった。四十九日は5月19日です。という葉書も来た。


猫メモリアルセットというものもちゃんと売っております。

それでもSPは生きている

北向きの窓を開けるたんびに、今でもSPはどうしてるかな?と、思ってSPの姿を探す。

あら!今日はいない。

おなかがすけば、あの銀杏色の瞳で訴えるようにわたしを見つめて、わたしはSPご飯と牛乳を持ってSPのもとに駆けつける。

今日はたまたまいないだけ。

明日になればまた、わたしはSPの姿を探す。

SPの御霊はこのあたりを彷徨っているに違いないのだ。SPうちにお入り。

猫が教えてくれたこと

元秘密基地、今売れない宅地となった地所。そこをわたしが買い取ってSPのおうちを建ててやるからね。

夢が潰えてSPのおうちを作る前にSPが虹の国へ行ってしまった。

全く関係がないようで密接に関係があること。それは、、。

懲りずにまたクラウドワークスにチャレンジしようか?

わたしがどうしたくて、何をしたいか?SPが教えてくれたような気がする。

クラウドワークスより、バイトに行ったほうがよっぽど気が利いてるは(v〃∇〃)ハ(〃∇〃v)

と、嘯いたわたしではあるが、やはり、猫及び家族の世話が出来る立場でいたい。

アルバイトやパートは気が利いてはいるが、時間の自由が利かないのだ。

働かない。という選択肢はいいのだが、それじゃいつまでもSPたちにおうち作ってやれないじゃないか。

SPの写真を現像してちゃちこの写真の横に置いたら、なんだかSPがとうとううちの猫になってくれたような気がしてきた。

SPこれからは、そしてこれからもSPのような立場の猫のために頑張るからね。

次のキットがやってきた

フェリシモのキットでキルトを作ろう\(*⌒0⌒)♪と、大志を抱いたのはいいが、わたし見事チャドクガの餌食となり、腕から脇腹、背中までそれはそれはブツブツ丸け。

おろし金の如きブツブツは熱すら持ち、泣きたい( ノω-、)日々を過ごすも(祭日が続いて病院が休みだったのだ(T ^ T))皮膚科に行って飲み薬と塗り薬もらったら治った。だが、キルト作りは遅れ、家出猫プク探しにも行けずにいた。

ではでは、遅れ取り戻すべく平日の夜もキルト作りに励み、ブチブチとキルティングをしていたら、、。

もうーー、10月分のキットが届いてしまった。それがまた、9月分より難しそう。さあ、これから秋の夜長そして冬の夜長をキルト作りに励むのだ。

9月は今日で終わる。なので9月分のキルト終わらせたのだが、、。わからない。

今日中に10月の月間スケジュールを組んで行かなければならないのだが、、。うううっ、(´;ω;`)我がスタジオラッキーキャット資金繰りが大ピーンチ(・_・;)コロナ騒動の煽り真面に受けた我がスタジオラッキーキャットであった。

さて、どうしましょ(・_・;)たらどうしましょ(#^.^#)とばかり言ってられないので、昼間は特に時間の縛りのない午前中トボトボと、銀行、郵便局を巡って引き落としに間に合うよう、出金と入金の合間を微かな金を動かす((^O^)!ほ大金を動かせるようになりたいもんだ。)更には息子に金借りる。

痩せているし(体型ではない。事業のことだ。)枯れているが、これでも個人事業主、リスクヘッジとはもっと真面に向き合いましょうね。

チャドクガの文字通り毒牙から立ち直ったのだから家出猫プク探しにも精を出さなければならない。ヤツが最後に目撃された家は、今改装工事中なので、まさかそこにはいないであろうが、分からない。工事人が捌けた夕方や朝方はいるかもしれない。

だが、プクよ。何が気に入らなくて家出なんかしたんだ。

連れ戻すからな。いや、冬になる前に帰ってくるような気もするのだが、、、、o(^・x・^)o

8月の殺人的そして殺猫的暑さの頃は、よもや白昼人目に付くところに出て来るような危険を冒す猫はいなかったが、涼しくなってきた今、猫どもはボツボツと日中も姿を見せるようになってきた。

11月23日はちゃちこの祥月命日でもあるので、横浜霊園に行こう。

SPは相変わらず元気です。

夏場は蚊のアレルギーがあるらしくて耳と鼻先が赤むけになっているけれど、SP元気です。兄ちゃんのプクは何処にいるんだい?!

お墓参り

ちゃちこがあんなに激しい猫だとは思わなかった。夢で見たちゃちこの怒りは一向に墓場に参らぬわたしへの怒りに違いないのだ。

わかったよ(^-^)/ちゃちこ、毎月お墓参りに行くからね。

今日はその決行日、本日から美しいくも晴れ渡った南関東の冬が始まるはず。っていうのに天気雨かよ☂そしたらまぁ、なんとΣ(゚д゚lll)お空には巨大な虹が出たじゃありませんか(@_@;)

わたしは車運転していたのでカメラには収めそこねてしまった。そして巨大な虹はうちに到着する頃には姿を消していた。今朝は、息子を元町中華街駅まで送って行くときに遭遇した。息子はスマホに収めていたが、ヤツは未だ永田町の摩天楼21階にいるはずだ。虹写真どころではないであろう。

あの虹は何かを象徴してるに違いない。

お線香を持って、さあ、横浜霊園までの旅に出るのだ。

わたし、山手駅から新杉田まで根岸線で行き。そこからシーサイドラインに乗り継いで金沢八景に向かう。

海の上を走るシーサイドライン。

バカに混んでおりましたが、大丈夫市大病院前で大抵の人は降りてしまいます。

金沢八景の駅前でお供えするお花を買う。

このお花です。

大船行のバスに乗って横浜霊園のバス停は超えて、森の家というバス停で降りる。

このようなバス停です。

バス降りるとすぐそこは横浜霊園のペット霊園。

バス停の真ん前です。

ここにちゃちこ及び、うちの歴代の猫たち及び駄犬コロが眠っております。

入口

ここから入って右側の奥にペット霊園はあるのです。それ以外は普通に人間のお墓です。

これが墓石

うちは、ちゃちこにも他の猫さんたち、コロに独立したお墓を作ってやる余裕ないので合同葬にしてもらってます。合同葬でも墓石もあるしお花を生けるスペースお線香を燻らす場所もあります。

わたしは持参したお花を挿して、お線香を付けてちゃちこの安らかな眠りと、そして生まれ変わってまたわたしの猫になることを祈りました。

ううううっ(T▽T)あれからもう1年以上がたったのか?あの頃は良かったヽ(;▽;)ノ幸せだった。

わたし意外にもお参りしている人はいたけれど、ほとんどの時間わたしはひとりでここに佇む。また来るからね。お水は供えていいらしいので今度はお水も持ってきてやろう。(ご飯はカラスに荒らされるのでNG)

ちゃちこほど可愛い(۶* ‘ꆚ’)۶猫はいないよ。

また来るからね(´;ω;`)

ちゃちこの夢

その夢前半はとても怖かった。夢に1年前に亡くなった茶白猫ちゃちこが出てきた。それもただの出てきようではない。恐ろしく、凶暴な猫になっていた。

あんなに臆病だった猫が\(◎o◎)/!

いえ、夢ですから!って、なんと夢のちゃちこ猫の分際でピストルを持って(猫がどうやって持つんだろう。)わたしを撃ち殺そうとしているのだΣ(゚д゚lll)

わたし、わたし用のピストルを探し出す(ピストルなんて持ってません。うちにあるのは息子が子供の頃おもちゃ屋で買った、BB弾仕様のおもちゃです。)

わたしセロテープで封印されたわたしピストルの封印を解き、弾を込め、安全装置を外す(本当です。弾丸の装着の仕方も安全装置がどれかもわたしはしりません。)撃たなければわたしが撃たれる。

わたしにちゃちこが撃てるか?撃てない・゜・(ノД`)・゜・そんなことできるはずがない。「ちゃちこお母さんだよ。こんなことはやめよう。家に帰ってまたみんなで暮らそう。」

在りし日のちゃちこ訴えるような瞳と長いカールしたおヒゲがポイント。

急にちゃちこ、この写真のような大人しいわたし大好き猫(=ΦエΦ=)となり、わたしと一緒に洗濯物を干して(洗濯物を干すのはわたし、ちゃちこはわたしの足元にいる。)お風呂に入ると脱衣所の外で待っている。

さぁ、ちゃちこ一緒に寝ようか?いやちゃちこはわたしが寝れば、ベッドに飛び乗って朝まで腕枕で、、。

そこで目が覚めた。夢か(m´・ω・`)m

こんな夢、覚めてみるととても悲しい(´;ω;`)だって、夢では生きていたちゃちこはもうこの世のものではない、、。

だけど、わかったよ(^-^)/ちゃちこわたしが悪かった。忙しいのと雨ばかり降るのでちゃちこのお墓参りを先延ばしばっかりしていたものね。

きっと今週にはまた、横浜霊園に行くからねo(^・x・^)oお花とお線香を持って、ちゃちこはまだきっとこの家の中にいる気はするけれど、お墓の方にだって来て欲しいんだよね。

今日から(癪なことに明日は雨が降るみたいだけど)世界一美しい南関東の冬が始まる。晴れ渡った12月、動物霊園に行こう。

あれから1年

1年近い月日がたった。 ちゃちこが旅だってからだ。

今でもちゃちこの写真のとなりにお花を飾ってお線香を立てている。ちゃちこのことは忘れられない。命日となる23日は仕事の都合がつき次第、また横浜霊園に行こう。

ちゃちこ待っててくれ。

だがだ( ̄0 ̄)ちゃちこは横浜霊園にはいないような気がする。最近見るのだ。赤茶色の縞と白の猫を、、。いや、あれはランプだったのかな?ランプこのところわたしに毎日薬飲まされるせいで、時としてわたしを見ると逃げる。

あのな(–#)おのれはハゲ猫になりたいのか?!大枚3万円をはたいて、新しいピアスを諦めてアトピカを買って猫病院に行って(それもモンビルが時間貸し駐車場やめちまったせいで車を止めるのにひどく苦労している。)日々油断をみすましてアトピカを飲ませている😥

これ飲まなきゃハゲてしまうんだよ(T-T)

まぁ、ランプはいい。ちゃちこのことだ。まだまだ、ちゃちこはこの家にいるような気がする。わたしの霊感も最近は強まった気がするなあ。

去年、春になったらうちの息子が車を携えて戻ってきて5月頃からは車で通院します。とか、獣医師と話しあってたのに、お兄ちゃんが帰ってくる前に逝ってしまったね。

ちゃちこの御霊がこの家にいると言うことは、まだまだ生まれ変わってない。ってことだな。このわたしの霊感を持ってしてきっと生まれ変わり猫は見分けがつく。

生まれ変わったらまたわたしの猫=^_^=になって、今度は病気を未然に食い止めるようにするからな。

そのためには働かなければ、元高校球児の息子は芸能界も引退して今や一人前のビジネスマンとなって、再度、車とともにこの家に帰ってきて永田町のオフィスまで通ってる。

これは最近のSP元気です。

スマホに変えたので写真をスマホで撮れるようになったのは進歩だが、このパソコンを初期化してリカバリーしたら、ちゃちこの写真が復帰したように見えて実は壊れてた(>o<)

USBメモリにバックアップは取ってあるので網1度、整理し直そう。

ちゃちこの御霊よ安らかに。

横浜霊園

5月の終わり頃は歯を抜いたランプの経過観察に動物病院へ行く。

動物病院以前に猫的イベントは前々から行かなければ!と、思っていたちゃちこの墓に行く。計画を実行したのだ。

ちゃちこ眠るは横浜霊園、猫葬儀を司る方から地図を貰っていたし、以前は車でちゃちこならぬ、チャコという猫、ちゃぴこという猫の墓参りに詣ったことがある。

余談だが、今はうちは車がない。だが、5月17日より息子が帰ってくる。この家から会社に通うことになったのだ。息子と共に車も帰ってくる。買い物や動物病院には車で行くことができる。あー、助かるヾ(^v^)k

だが、今現在は車なき日々を送っているので、電車とバスで横浜霊園まで出向こう。うちは根岸線の山手、そこから新杉田に向かう。新杉田から歩いて杉田という駅に行き、金沢八景で下車。

ここまではあまり問題はない。問題はその先だ。バスで行け。とあるがどっからどの路線のに乗るのよ?だがこれも問題なし。目の前のバスが横浜霊園に行きます。バス停に書いてある。

ちゃちこ待て、今ちゃちこの墓に行くからな。

だがこのバス、途轍もなくバス停間が長い。どこまで行くんだ(O_O)地の果てまで連れて行ってくれるのかい?それとも、あの世まで行ってちゃちこに会わせてくれるのか?

バスはわたしの思惑を乗せて山道を行く、一昼夜も走ったかと思われたところで横浜霊園到着。

野生の藤が咲いていた。

どれくらい僻地かというと、このように野生の藤が美しく匂いやかに咲いておりました。

だが、ここ普通の人間の墓はいくらでもあったが、犬猫の墓らしきモノはない。墓場の事務所というかこれから墓に入るための目論見書を出してもらうようなところに行って、「猫の墓参りに来たのだが何処ですか?」つったら、ここじゃ無く第二霊園があるので道をまっすぐ行ったその先だと(T-T)

では、ちゃちこよ。待つのだ。今行くからな。これまた遙か彼方に第二霊園はあった。むむっ!ペット霊園、犬猫がしんじまったらここに☎してください。ってのがあった。そーか、中間業者通さずにここに直接お弔い頼んだ方がいいかな。電話番号を控える。

だが、コマーシャルはあるものの肝心のペット霊園は何処なんだい!!第二霊園にも事務所があったので尋ねる。なかなか繁盛しているなここ。そりゃそうだわな、人は必ず死ぬことになってるんだから、わたしはしなない人だから結構です。ってことにはならないもんね。

その第二霊園の片隅に、うちのちゃちこ及び飼われていた犬猫、その他の動物の墓所はあった。うちは合同葬で頼んだので残念ながら(金がないのだ(T-T))ちゃちこだけの墓所はない。ないが、猫用の墓石は並んでいた。

わたしは合同葬のところで手を合わせたものの、、。ここまで行き着けるかどうかにばかり気が回ってて、お花もお線香も持って来なかった。うううっ(;。;)

ちゃちこよ!また来るからな。ここまで来られるのが解ったから、次からはちゃちこに相応しい美しい花と、ラベンダーの香りのお線香を用意しよう。

ついでに、カラスにつつかれるから犬猫ご飯のお供えは遠慮してください。と、あった。

では、ちゃちこ命日の23日はわたしは休み。また来るからね。